着物を美しく着こなそう

  • 傷みや汚れのある着物の着物買取はできる
  • 着物買取業者に頼んで着物を買い取っても
  • 引っ越しの際に着物買取をお願いする
  • 宅急便の着物買取時に使う宅配キットの中身
  • 着物の袖の種類によって着られるシチュエーションが変わります
  • 着物買取を利用する際のサイズについて
  • 着物のプロに学ぶ美保姿使用のお太鼓結び
  • 着物買取査定の方法はライフスタイルで決め
  • 着物買取りをネット経由で行なった経験談
  • 実家の着物を「着物買取」しました
  • 着物の袖の種類によって着られるシチュエーションが変わります

    実家に帰るたびに気になっていた、タンスの着物。
    母がお嫁入りの時にタンスいっぱいに持って来たものや、祖母の形見分けや、私たちの七五三の衣装まで、タンス三棹分にぎっしり入っています。
    しかもほとんどの着物にしつけ糸が付いている状態で、袖を通していないものが大半です。
    訪問着や留袖といったフォーマルならともかく、紬やウールなどのオシャレ着なんてこれから着る予定も当てもなく、かと言って捨ててしまうのも忍びなく、処分に困っていました。
    しかも私は着物に関して全くの無知で、どれにどれほどの価値があるのか、ないのかもさっぱりわからなく困っていました。
    そんな時に同じように実家の着物の処分に困っていたママ友が、「着物買取」を利用した話を聞いて思い切って私も利用してみました。
    何となく「着物買取」ってブランド物や貴金属の買取と違って、敷居が高いイメージでしたが、ママ友がお願いしてよかったよと言っていたのでお願いしてみました。
    電話してからの対応も早く、長年悩んでいたのが嘘みたいに、すっきりと実家のタンスが片付きました。
    査定の方は、決して高額ではないけれど、タンス三棹分の着物が一気に片付いたことを思うと御の字です。
    こんなことならもっと早く「着物買取」を利用すれば良かったなと思います。