king of kimono

  • 着物でも基本を押さえてメイクを楽しむ
  • 男性の新しいトレンド、着物男子
  • 美しい着物姿を写真に残す際に気をつけたいこと
  • 着物に似合う髪型は自由
  • 着物の袖の種類によって着られるシチュエーションが変わります
  • 着物をリメイクして色々なものを作る方法
  • 着物のプロに学ぶ美保姿使用のお太鼓結び
  • 着物の似合う寸胴体形に補正
  • 自分用の着物の型紙を自作する
  • インクジェットプリントによるイラストの着物
  • 着物のプロに学ぶ美保姿使用のお太鼓結び

    着物のプロは帯結びを大切に考えていますが、着物のプロに学ぶ、美保姿を使用した「お太鼓結び」の方法があります。
    帯は表を下にして、たれを左側に置き、手先を持ち上げて、縫いどまりをピンチでとめておきます。手先を美保姿の裏側から帯の縫いどまりまで通して、美保姿の枕にガーゼと帯揚げをかけます。お太鼓のたれを美保姿の表に返しますが、一度ひざの上に載せて、右手で枕の紐とガーゼと帯揚げを一緒に持って姿の下を持ち、背中に持っていきます。背中の中央に当て、美保姿についている紐を前で結んで、帯揚げを前で仮結びしておきます。帯の手先を持って回し、手先を中央より人差し指1本分長くとり、ピンチでとめておきます。仮紐を使ってお太鼓の大きさを決め、仮紐を前で結んでおきます。仮紐を通したところに輪のほうを下にして手先を通し、帯締めを通して前で結んだら仮紐を解いて、帯揚げを結び、全体の形を整えたら、着物のプロに学ぶ「お太鼓結び」の完成です。